お医者さんが開発した美脚をつくるアシピタ

  • Twitter
  • Twitter
  • Twitter
  • ご利用ガイド
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 新規会員登録
  • ログイン
  • マイページ
  • ログアウト

足の健康にこだわりのあるお店の皆さまへ(法人様お問合せ)

アシピタ

  • メニュー
  • カート
かわいいアシピタをつけるだけでこんなに足があたたかくなるなんて・・・
さむ~いオフィスでもオシャレに大活躍!

さむ~いオフィスでもオシャレに大活躍!

「夏でも膝掛け必須!」
「ペディキュアを楽しみたいのに、カフェの冷房が強すぎて・・・」
「冬、月曜日のオフィスが寒くて辛い・・・」
働くオシャレ女子のお悩み、あなたも経験あるのでは?
そんな方にアシピタをおすすめ! 靴下もはけちゃうし、生足にアシピタだけでもOK!
アンクレットやペディキュアと合わせておしゃれに冷えを撃退しちゃお♪

夜、足が冷えて眠れない…そんな時にも

夜、足が冷えて眠れない…そんな時にも

毎晩、靴下を履いて寝ているというヒエヒエ女子は、
アシピタを履いてベッドに入るのがおすすめ。
アシピタは、自然に足指のポンプ運動を活発化させるから、
眠りにつく前には足の冷えもとれて、朝まであたたか~。
実験ではなんと、約2.8℃も足の温度が上昇!!脚をしめつけないタイプの
サポーターだから、リラックスして眠れるところもグッドポイント♪

岩盤浴の効果を高めたい!エステや自分磨きのおともに

岩盤浴の効果を高めたい!エステや自分磨きのおともに

美しい体のため、美脚のため、リラクゼーションのため、美脚・美ボディを
目指す女子には、アシピタをつけて岩盤浴やエステをしてほしい!!
アシピタのポンプ運動効果と岩盤浴やエステの相乗効果で、
より美しいボディ&美脚へと・・・
自分磨きの手助けにアシピタを♪

履くだけで足先があたたかくなるヒミツ

アシピタをはくと...

そもそも、どうして足が冷えてしまうの?

みなさんが体重を気に掛ける時、食べ物のカロリー計算てした事ありますか?。カロリーは、熱量と言われますね?
物理学で言えばエネルギーなんです。このカロリーが消費されることで”熱”が発生する訳なんです。
またこのカロリーを運ぶ血液の循環・血行の促進が大切なんです。
カロリーが消費され熱になる事とカロリーを運ぶ血液の循環を筋肉のストレッチ運動で行っているですね。
女性の方は男性に比べて筋肉が強くないのでどうしてもカラダが冷えることが多いのです。
足が冷えるのは、パンプスなどを履いていると、足の指がしめつけられ、あまり動かすことができません。
筋肉が運動しない→「カロリーを燃やさない」「血液が循環しない」から冷えるんですね

「アシピタ」は、足が正常な状態になり、土踏まずを形成し、美脚と美姿勢をメイク!

アシピタを履くと、ヒールなど靴を履いたときでも足の裏に掛かる体重の圧力を分散して
バランスを保ちます。また、カラダのバランスも整えます。
次に土踏まず・足のアーチが形成・強化されると、アーチの空間が体重の圧力をスポンジのように受け止め吸収され、
自然に姿勢もよくなり、歩行や運動時の負担も減ります。これであなたの望みの”美脚”に変身!!!
足の正常な働きがカラダのバランスを整え美しいボディと美脚をつくる手助けをするんですね!!!
また、足のポンプ運動が活発化するので、しっとり、なめらかなキレイな美脚になります。詳しくは、こちらでね、カラダのポンプの働き?

カロリーを送り出すポンプ働きを高め、足は第2の心臓に力を与えます。

みなさんが体重を気に掛ける時、食べ物のカロリー計算てした事ありますか?カロリーは、熱量と言われますね?
物理学で言えばエネルギーなんです。このカロリーが消費されることで”熱”が発生する訳なんです。
またこのカロリーを運ぶ血液の循環・血行の促進が大切なんです。
カロリーが消費され熱になる事とカロリーを運ぶ血液の循環を筋肉のストレッチ運動で行っているですね。
女性の方は男性に比べて筋肉が強くないのでどうしてもカラダが冷えることが多いのです。
足が冷えるのは、パンプスなどを履いていると、足の指がしめつけられ、あまり動かすことができません。
筋肉が運動しない→「カロリーを燃やさない」「血液が循環しない」から冷えるんですね

アシピタのコト、もっと知ってほしいから…動画をご用意しました

  • タイの女性の足って、とってもキレイ。Full-versionは、ここをクリック!
    タイモデルミャオミャオさんの出演するアシピタのイメージビデオです。

  • アシピタをつけると、どうして美脚になるの?
    どうして温かく健康になるの? わかりやすいビデオで紹介します。

かわいいだけじゃない アシピタのスゴイ仕組み

足のポンプを強化・身体のバランスが安定

草履の鼻緒効果で ゆびを広げて鍛える足の悩みを解消

靴の中では、足が窮屈で動きにくい、足の正常な状態が保たれていない。いわゆる靴の形をした足になり、足の働きがまったくと言っていいほど動いていないのが現状です。

アシピタなら

ゆびを広げて鍛える、体重をしっかり支える正常な足の状態にして足の裏に掛かる体重のウエイトバランスを分散して、 足のトラブルをキレイに解消します。

足があたたかくなる

ゆびが動いて筋肉の伸縮、これが… カラダのポンプが働き足の冷え・モヤモヤ解消

足のポンプのは第2の心臓と言われ、カラダ全体の働きを高めます。カラダが必要とするものを運び、カラダがいらないものと交換する、基礎的な働きを高めます。

アシピタなら

ゆびの間を刺激して運動、これが筋肉の伸縮、吸って吐き出すポンプの役割りでキレイなカラダと美しい美脚を メイクします。

足本来の形に戻り、美脚・美Bodyへ

足が安定してカラダが揺れない カラダバランスで美脚・美姿勢

土踏まずはアーチと言われ歩く時に地面から受ける衝撃を和らげるバネの役割があります。通常、人が歩くときの地面から受ける衝撃は 体重の約1 .5 倍、5 0 キロの人で75キロの衝撃をいつも受けています。

アシピタなら

縦と横のベルトで、足の縦と横で 形成するアーチ( バネ) の役割を果たす土踏まずを強化して、地面から受ける体重の衝撃を吸収し、歩行を楽にサポート。しかも締めつけないから優しいんです。

世界5ヶ国で特許が認められました。 ※香港も特許が認められました。

anan

雑誌「an・an」で紹介されました

アシピタDXは、an・anの掲載商品です。

雑誌「an・an」2011年11月23日号(2011年11月16日発売)の特集記事
「どこまで効果があるの?噂のダイエットグッズをお試し。」で、
アシピタがベストイレブンとして紹介されました。
ネットやショップで売れているダイエットグッズを厳選し、3人の女子が15日間
試すという企画で、出版社勤務の澤さんイチオシ商品に選ばれました!

オススメ人のコメント

着けて歩くと、いつも使っていない筋肉が使われている感じ。
両足に均等に力がかかっているのが実感できて、歩くのがとてもラク。
脚のラインがきれいになりそう(出版社勤務 澤さん)
足先がポカポカに。むくみもすっきりしたのはコレのおかげかも
(アパレル勤務 園田さん)

アシピタはお医者さんが開発しました

松山幸弘医師

“美しい足、健康な足づくりは、まず正常な「足底アーチ」が重要です。”

松山幸弘 整形外科 医学博士

日本人がかつて履いていた、下駄、わらじ、草履、足袋は、
鼻緒によって足の指の間を刺激するため、理想的な「足底アーチ」を作ります。
この『アシピタ』も、同じ原理が利用されており、
理想的な「足底アーチ」を生み出す、今までにないフットケア商品でしょう。

人間が立ってバランスをとる時、その重心の軸は足底の前方へ移動し、
それで体全体の拡張、収縮させて、頭部を前後に移動させることによってバランスを保っています。

人はこの時、足を曲げ、その足全体で地面を掴み、地面との接触面全体で身体のバランスをとるようになります。
その為、人には適度な足底アーチが必要となりますが、最近は靴を履くことが多い為「足底アーチ」が失われ、
いわゆる土踏まずがない傾向が増えてきており、足の働きが鈍くなり長く立っていたれないなどの原因になります。
この足底アーチが、しっかりあると足指の働きを高め、踏込みが安定します。
また、足の運動の持続力も良くなります。

そこで、この大切な「足底アーチ」を作るのに私達の開発した「アシピタ」がなぜ有効なのか?
鼻緒の草履を履いた場合、足で地面をける瞬間には足指を強く折り曲げます。この現象は足を伸ばすと足指は開き、足を曲げると足指間は狭まるという人間の自然な働きの根拠によります。従って、鼻緒の草履を履いて歩行するには、足で地面を蹴ったとき必然的に草履が脱げないよう足首を折り曲げる必要があるわけです。
(靴を履いている場合には、脱げる心配がないので足首の折り曲げはありません。)

「アシピタ」を装着すると、鼻緒の草履を履いているのと同様の効果があると考えられています。常に足指を動かすことによって「足底アーチ」のクッションの効果がよく働き、足が丈夫になり、身体のバランス効果が高まり、姿勢が良くなると考えられます。
もちろん私もお薦めします。

運動力学的見地より検証 - 足の運動促進をイタリアの学会で発表

名古屋大学大学院・工学研究科機械理工専攻准教授 長谷和徳博士

即時的補助効果と長期的補助効果を検証した結果、歩行時の足指間距離の減少・蹴り出し力の向上が見られました。
詳しい論文内容は下記「長谷博士の論文発表」よりご覧ください。